離婚と戸籍

離婚と戸籍

男女が結婚をすると、基本的には
男性が筆頭者となった新しい戸籍に
女性が入ることになります。
そして離婚した場合は夫の戸籍から
妻が抜けることになり、その後自分の戸籍と姓を
どうするか選択を委ねられることになります。

 

具体的には
1.実家の戸籍に戻って旧姓に戻る
2.自分で新しく戸籍を作って旧姓に戻る
3.自分で新しく戸籍を作って結婚時の姓をそのまま名乗る
の3つのパターンがあります。

 

離婚した後に姓を変更すると、
運転免許証や保険などの名義変更に手間がかかったり
職場などでの呼び名が変わることになるため、
心理的には抵抗があっても3を選択される方も多いようです。

3を選ぶ、つまり結婚時の姓をそのまま
名乗りたい場合は、離婚後から3ヶ月以内に
役所に「離婚の際に称していた姓を称する届」を
提出しなければいけません。
ただし、夫が結婚時と同じ名を名乗ることを拒否した場合、
変更が認められないこともあります。

 

他の項で説明したとおり、姓の変更は
やむを得ない理由がない限り簡単には認められません。
離婚時に結婚時と同じ姓を名乗ると言ったのに
後になってやっぱり旧姓に戻るということは、
簡単には認められないので注意しましょう。