離婚と戸籍

離婚と戸籍

離婚をすると、子供の戸籍は
夫婦共有であった戸籍に残ることになるため、
戸籍から抜けることになる母親とは別の戸籍になります。
母親が離婚後も結婚時と同じ姓を名乗っていても
それは新しい戸籍の上での同じ姓なので
戸籍上は全く別の戸籍になるわけです。

 

子供と同じ戸籍を希望する場合は、
いくつかの手順を踏む必要があります。

 

まず、自分を筆頭者とした新しい戸籍を作ります。
離婚をする際に実家の戸籍に戻ることを決断した場合は
その時点で子供と同じ戸籍にはなれないので注意してください。
自分で新しい戸籍を作ったら、次は家庭裁判所に
「子の氏の変更許可申立書」を提出します。
そこで子供の姓の変更が認められたら、
役所に子供が自分の戸籍に入るための「入籍届」を提出します。
この入籍届が受理されれば手続きは完了です。
子供の戸籍も姓も自分と同じになります。

 

ただし、母親が親権者でない場合は
家庭裁判所に審判申し立てをすることが出来ません。
親権者である父親からこの申し立てをしてもらうか、
親権者変更の審判を申し立てる必要があります。
子供15歳以上になれば、親権者関係なく
子供自身で氏の変更許可の審判を申し立てることが出来ます。